チョコレートやココアの原料になっているカカオの成分と効能について

Posted by & filed under .

カカオがポリフェノールの多さや優れた健康効果で注目されているのをご存知でしょうか?

カカオの樹の種子を発酵、乾燥させたものがカカオ豆で、チョコレートやココアの原料になっています。

従ってチョコレートやココアはカカオの健康成分が多く含まれている食べ物と言えるでしょう。

カカオの健康効果としては、まず抗酸化作用により体内のサビを落とすことが期待できるんだそうです。

強い抗酸化作用を持つカカオに含まれるポリフェノールが、老化をはじめ動脈硬化、ガンなどさまざまな病気を引き起こす原因になる活性酸素による攻撃を抑えてくれます。

また、リグナンという食物繊維が多く含まれているので、便秘解消や大腸がんの予防のほか、悪玉コレステロールの低下に効果があります。

さらにカカオは鉄、マグネシウム、カルシウム、カリウムなど、不足しがちなミネラルをバランス良く含んでいます。

そのほか、殺菌パワーで病気を予防してくれたり、アレルギーやリウマチといった症状の緩和に役立ったり、リラックス効果で精神を落ち着かせてくれる効果もあるんだとか!

このようにさまざまな優れた効能があるチョコレートやココアですが、脂肪や糖分も多いので、食べすぎに気をつけて適切な量を摂るように心がけましょう。


あわせて読みたい関連記事

Share on Facebook
Share on GREE
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on LinkedIn
Share on FriendFeed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

※画像も添付できます♪ (JPEGのみ可能)