お一人様にも♪餃子鍋

Posted by & filed under .

  

以前は、土鍋というと家族で囲む大きなサイズしかありませんでしたが、
最近は鍋の季節になると、スーパーでもひとり〜ふたり
サイズの小ぶりのお鍋を見るようになりましたね。

鍋料理の良いところは、あくまでも適当に作れるところ。。
主婦の残り物お昼ご飯に最適ではないでしょうか?

なにも卓上コンロを出さなくても、あつあつを鍋敷きに乗せて、
テーブルで頂いても、そこはひとりの気楽さ!

我が家は、夫がお弁当を毎日持って行くので、
夕飯に餃子を作った翌日は、残りを揚げ餃子にしてケチャップを添えて、持たせます。

自分の分も少しとっておいて、主婦のお昼は餃子鍋です♪

最近、某バラエティー番組でも紹介されていましたが
かなりお鍋メインの居酒屋さんも増えていますね!!

一人しゃぶしゃぶ?が出来る所も有るようで。。。

オヒトリサマが多いこの時代には、マッチしているお店なんでしょうね。
私は、外出先では少しさみしい気もしますが・・・。

【ひとり餃子鍋】

■材料:
餃子(前日の夕飯の残りでもよし、市販の餃子でもよし) 6個もあれば十分
青菜    小松菜または青梗菜 半束分くらい
もやし・きのこ・にら  など冷蔵庫にある野菜

顆粒鶏がらスープの素  大さじ1
水           4カップ

■作り方
?餃子は、揚げておく。
?青菜、もやし、にら、、など冷蔵庫にある野菜をあくまでも適当に選び、食べやすい大きさに切っておく。
?一人用の土鍋に、水4カップと顆粒鶏がらスープの素を入れて、煮立たせる。
?野菜を入れる。野菜が柔らかくなったら、揚げ餃子を入れる。餃子はもう火が通っているので、ぐつぐつ煮ない。
?たれをつけて食べる。たれは、甜麺醤・醤油と酢とラー油を合わせたもの・李錦記のスイートチリソース・・・などをお好みで。

揚げ餃子を鍋に!?と驚かれるかも知れませんが、
これが合うんですよね。
あつまでも、煮込みすぎない事!

ちょっとカリッとした食感が残っているのが
たまらなく美味しいんですよ〜。


あわせて読みたい関連記事

Share on Facebook
Share on GREE
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on LinkedIn
Share on FriendFeed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

※画像も添付できます♪ (JPEGのみ可能)